ビジョン

人は皆、素晴らしい力を持っています。そして、一人ひとりが精一杯に生きています。

その一人ひとりが最高のパフォーマンスを発揮できる組織の創成・構築・醸成・発展をサポートします。

グランド ビジョン

私たちプレザント コンサルティング グループは、ソフトウェア開発の業務で下記を目的にコンサルティングを行っています。

  • 会社の収益向上
  • 会社の利益率向上
  • 経営者の業務軽減
  • 実務者の働き方改革
  • 実務者の快適な業務
  • 実務者の自由度向上
  • 実務者の年収向上

そして、人が中心となって活躍する社会を皆さんと一緒につくっていきたいと考えています。

利益の拡大

利益は、人が生み出します。

人が快活に働くことで、利益を拡大させることができます。

もし、人が快活に働いていなければ、利益を生み出さないだけではなく、減少させている可能性もあります。

人が快活に働く組織を作ることで利益を拡大し、多くの人が参加することで、さらに利益を拡大する方策を検討していきましょう。

「働き方改革」の推進

実務者が喜んで働ける改革が、今、必要になっています。

「働き方改革」を推進している厚生労働省は、下記のように述べています。

  • 日本の企業や暮らし方の文化を変える
  • 一人ひとりのニーズにあった、納得のいく働き方を実現する

企業文化を変革し、実務者一人ひとりが喜べる組織が求められています。

数字にできない大切なものを優先させる時代の到来です。

ソフトウェア開発力の向上

ソフトウェア開発の技術者は、お客様にお届けする商品を創り出すとても重要な職種です。

無駄なく手際よく商品を創り出すことは、利益を向上させるための根幹です。

技術者も社会人としてのスキルが必要です。その中で、技術者だからこそコミュニケーションスキルは重要です。

そして技術者となるためには、以下を行える技術的スキルを身につけていなければなりません。

  • 開発規定の策定
  • 開発環境の構築
  • 仕様の確定
  • インタフェース設計
  • 構造設計
  • アルゴリズム設計
  • 製作
  • テスト

情報処理推進機構(IPA)では、ソフトウェア・エンジニアリングをテーマ別に細かく分類しています。

そのような多岐にわたるスキルが必要ですので、個人ごとに専門分野を持つことが望まれます。

マネジメント力の向上

管理職は、実務者を動かすとても重要な職種です。

実務者が、高いモチベーションをもって業務に取り組めるマネジメントが利益の向上には不可欠です。

管理職は、上司より部下を大切にできる人材でなければなりません。

ドラッカー,マズロー,アドラー,老子などの古典にも興味を持ち、実務者が最高のパフォーマンスを発揮できるマネジメントに全力を注げる人材です。

実務に関する知識も十分に兼ね備え、実務者の考えを理解しサポートすることが職務です。

営業力の向上

営業職は、利益を確定するとても重要な職種です。

受注額を決定する営業職は、利益額・利益率を決定します。

営業職は、社外への窓口として以下の能力が求められます。

  • 誰とでも話せる対話力
  • お客様に喜んでもらえる接客力
  • お客様の意図を理解した提案力
  • お客様の要件をわかりやすくまとめる整理整頓力
  • お客様の理解を得れる見積技術とプレゼンテーション力
  • お客様の要望にそえない場合に「NO」と言える信念
  • 実務者から信頼される人格

営業職は、社外の情報を取得して組織の将来像を描ける職種です。